見えそうで見えないミニスカ! 韓流女子ゴルファーが 「オヤジ心わしづかみ」

見えそうで見えないミニスカ! 韓流女子ゴルファーが 「オヤジ心わしづかみ」 ** 韓流効果で日本の女子プロゴルフツアーの注目度がグンと増している。 ゴールデンウィーク中のワールドレディス選手権サロンパス杯には4日間で大会史上最多の4万1484人の観客が集まった。 そんな動員力の中心にいたのが日本ツアーに初参戦した韓国の“セクシークイーン”こと、アン・シネ(26)。ゴルフ担当記者がこう振り返る。 「最終日はアンとイ・ボミ(28)と金田久美子(27)という日韓の美女3人がそろった組が午前8時ごろにスタートして、そんな早い時間にもかかわらず300~400人のギャラリーを引き連れてたんです。男子ツアーでは決して見られない光景でした(苦笑)」  優勝争いする最終組が注目されるものだが、スタート時点で共に3オーバー32位だったアンとイ、2オーバー27位だった金田の組は「まるで最終組のような盛り上がり」(同前)だったという。 最終成績は、イが4オーバーの29位でアンは6オーバーの41位。もっとも、優勝はやはり韓流美人ゴルファーの一人で“スマイルクイーン”の呼び声が高いキム・ハヌル(28)だったから、人気的にも実力的にも韓流に席巻された形になった。 「イ・ボミの存在が大きいですよ。国境を超えて愛されるキャラクターのイの出現で垣根が低くなったところでやってきたのが、ハヌルやアンですから」  こう分析するベテランゴルフ記者によると、イ・ボミは久しぶりに会った記者には「お久しぶりです。 しばらくお見かけしなかったですね」などと日本語で話しかけてきてシンパにしてしまうとか。  そんなイの人懐っこい笑顔と対照的なのがアン・シネだ。ヒザ上30センチのミニスカートがトレードマークで、プレーしたら見えちゃうよ、と思わせつつ見せないから、逆に注目度抜群。 「オヤジ心をわしづかみです。次の日のスカートの色を言うから報道陣はカラー紙面で扱おうと追いかけるし、“売り方”を考えてますよね。 米国ツアーに参戦したかったそうですが、母親が6年前に乳がんを患い、父親もがんの治療中とのことで日本ツアーに参戦したそうで、外見のイメージとは違う人物のようです」(同前)  報道陣から、ファッションの質問を受ける機会をどう思う?と聞かれ、「むしろ注目されることがうれしい」と答えたというアン。 ちなみに、整形手術は化粧の一つ、という価値観の韓国でハヌルだけ「整形していない」と言われている。三者三様なのだ。 -https://dot.asahi.com/wa/2017051800037.html

Continue reading

最新のキムタクさん、高画質写真で見るとシワと毛量がエグすぎる

〜ネットのコメント〜 いいじゃん カッコいいじゃん ようやく渋くなってきたやん これ市村正親 哀川翔みたくなってきた 割りといい歳のとり方してるな チョマテヨ これ自毛? なんでこんな髪あんねん 髪型はどういうことなのこれ 三池のために髪型をあえてジョジョ風にしたんだよ

Continue reading

【朗報】新たな大型連休が追加

新たな大型連休が追加 〜ネット〜 社畜が消えるで やったぜ。 なお連休明け まーたニートの言い訳ができたんか キッズウィークって名前がださいわ 嘘ンゴ 大人は休ませないンゴ いらんねん連休とか!邪魔邪魔! ちなニート 公務員の休みがどんどん増えるだけだわ なお社会人は休めない模様 要請はする、要請はするが 企業が飲むとはいっていない あ、祝日にするわけではないのか 新人、若手が割を食うやつやな ほーん、それでプレミアムフライデーはどうなりましたか? これは流行らない(確信) 何やってもシフト制には関係ないから邪魔なだけ

Continue reading

信じられないレベルで増え続ける、小室圭さんの「ぐう聖エピソード」

■カナディアン・インターナショナルスクール赤羽典子事務長(67) 「真面目でいい子。小学生にしてははきはきと受け答えしていたので、しつけをしっかりする家庭なのかなと思った」 「笑顔で周囲をなごませるムードメーカーで、友達からも人気があった。校内のコンサートでバイオリンを披露してくれた」 ■ICU友人(現在教師) 「とにかく明るく、その明るさによって人を幸せにできる素晴らしい人」 「友人として取材を受けたと伝えると、”迷惑かけてごめん。今度ご飯行こう”と返信があった」 ■バイトをしていたフランス料理店の元経営者、五井憲治さん(70) 「お母さんからこんな話を聞いた。圭はお父さんが亡くなったときから『僕が守る』と言ってくれた。 私が落ち込んでいると『僕がいるから大丈夫だよ』と励ましてくれた」 「社会人になってもお母さんのために頑張ると話していた」 眞子さまご婚約へ 小室さん、明るく真面目 母思い https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000063-san-soci

Continue reading

有吉がとんねるずに無理に買わされたロレックス「ディープシー(116660)」、プレ値になっていた…!

「とんねるずのみなさんのおかげでした」にて、有吉が購入したROLEXのディープシー(116660)。Dブルーほどではないが、価格が高騰中であり、並行に売れば元値以上が返ってくるという。 有吉さんは2011年2月の放送の際、ロレックスのシードウェラーディープシー(116660)を80万円で購入。 2010年にテレビにもっとも出演したことを記念して購入していましたが、その際かなり嫌がりながら買っていました。 しかし、今では有吉さんのシードウェラーは中古最安値(楽天)でも95万400円という水準。有吉さんが新品で買った際は80万円ですから、約15万円も値上がりしています。 95万400円という額は売値ですから、実際にはその額で売れないというツッコミもあるでしょう。 では、買取額はどのぐらいかというと、あるお店(上場企業)が提示するワンプライス買取価格は92万3500円です。 つまり、有吉さんはこの時計をお店に持っていけば約92万円で買い取ってもらうことができるのです。80万円で買ったわけですから、92万円で売却すれば12万円の利益となります。 新品で買って6年使って楽しんで、しかも12万円運んできてくれる。有吉さんは立派な腕時計投資家といえるでしょう。 -http://www.excite.co.jp/News/column_g/20170518/Spa_20170518_01330943.html

Continue reading

セクシー女優・紗倉まなの字が綺麗過ぎる

セクシー女優・紗倉まなの字が綺麗過ぎる ネットのコメント『 字は人が出るねー 読みやすくて良い字だな これはペン習字をやってた奴の字体だ おれも昔やってたからわかる 一字一字の綺麗さよりもこのバランスの取れた字間や行間の綺麗さは書道ではなくペン習字をやった者でないと出せない まなちゃんは何でAV女優になんかなったんだろう 普通にAKBとか入れただろうに まあ末路は同じになるが いやいや普通ぐらいだろw 紗倉まなは字よりも絵の方がすごい』

Continue reading

ニラと間違えスイセン食べたか、生徒14人搬送1人重症

ニラと間違えスイセン食べたか、生徒14人搬送1人重症 ******* ニラと間違えスイセンを食べたとみられています。 長野市の高等専修学校で、 生徒と教員14人が食中毒のような症状を訴えて病院に運ばれ、 消防によりますと、 1人が重症です。症状を訴えた14人は、 調理実習で作ったスープを食べていて、 保健所によりますと、このスープに入っていたニラのような植物は、 教員が14日とってきたものでニラではありませんでした。 生徒などの症状は、 ニラと間違えやすいスイセンを食べた場合の食中毒と似ているということです。 動画「こちら」 -http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3054696.html

Continue reading

自衛隊機墜落、防衛省が乗組員4人の死亡を発表

自衛隊機墜落、防衛省が乗組員4人の死亡を発表 ******* 北海道北斗市の山中で墜落しているのが見つかった陸上自衛隊の航空機について、防衛省の河野統合幕僚長は、乗員4人全員が死亡したと発表しました。  「残念ながら、17時26分、4名の死亡が確認されました」(防衛省 河野克俊統合幕僚長)  河野統合幕僚長は、また墜落した原因について、「これから陸上自衛隊で事故調査委員会を立ち上げるので、現時点で憶測から言うのは適切ではない」としています。  墜落した陸上自衛隊・北部方面航空隊所属のLR2連絡偵察機は、15日正午ごろ、管制官との連絡が途絶え、自衛隊では1700人態勢で捜索を行っていました。 動画「こちら」 -http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3054687.html

Continue reading

伊藤英明、芸能界引退覚悟の“告白”!? 大先輩からの手紙を…

伊藤英明、芸能界引退覚悟の“告白”!? 大先輩からの手紙を… ******* サスペンス超大作『22年目の告白―私が殺人犯です―』の完成披露試写会が5月16日(火)、都内で行われ、藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩城滉一、仲村トオル、入江悠監督が勢ぞろいした。 時効を迎えた連続殺人事件が、真犯人を名乗る男の告白によって、再び動き出す本作。そんな内容にちなんで、「時効を迎えたいまだからこそ、告白できることは?」の質問に、藤原さんは「近所の野良ネコを保護して注射もし、いまは家ネコにして飼っています」と劇中で演じた“真犯人”とは正反対の優しい一面を明かした。 一方、伊藤さんは「芸能界に生き残れるかな…」と前置きし、大先輩である俳優・三浦友和さんから贈ってもらったウイスキーにまつわるエピソードを披露。「今回の撮影中、家に帰っても興奮して眠れなかったので、寝酒程度に飲んだんですけど、驚くほどおいしかったんですね」とニンマリ。 ところが「後日、おいしくいただきましたと報告すると、友和さんが『伊藤くんらしいねえ…。手紙にも書いたけど、息子さんが20歳になったら一緒に飲んでと伝えたのに』って(笑)。どうも、そのお手紙を捨ててしまったようで…。ついに言っちゃいました」とまさかのオチ。芸能界引退を覚悟した(?)告白に、会場は大いに盛りあがった。 被害者の近しい人物に犯行の一部始終を目撃させるという卑劣な手口で、5人もの命が奪われた連続殺人事件の発生から22年後。時効を過ぎたある日、曾根崎雅人という男が「私が殺人犯です」と名乗り出て、殺人手記の出版を記者会見で発表する。遺族や警察を挑発するクズぶりは世間の耳目を集めるが、彼の“告白”は新たな事件の幕開けに過ぎなかった。 かつて捜査を担当しながら、結果的に事件を時効に追い込んでしまった刑事を演じる伊藤さんは、「いままでのキャリアで一番きつい撮影だった。初日から昼夜逆転で、3日間走りっぱなし(笑)。どんなに揉めてもいいから、やめようと思ったほど」と再びギリギリの告白で、客席を沸かせていた。 『22年目の告白―私が殺人犯です―』は6月10日(土)より全国にて公開。 -http://www.cinemacafe.net/article/2017/05/16/49459.html

Continue reading